GRASSHOPPER MANUFACTURE

シルバー2425

シルバー2425

プラットフォーム
Nintendo Switch® / PlayStation®4
発売日
2018年3月15日 (PlayStation®4)
2021年2月18日 (Nintendo Switch™)
希望小売価格 (Nintendo Switch®)
6,578円(税込)
マイニンテンドーストア限定
希望小売価格 (PlayStation®4)
7,678円(税込)
発売元
PLAYISM(Nintendo Switch®)
日本一ソフトウェア (PlayStation®4)
ジャンル
アドベンチャー
CERO
D(17歳以上対象)

製品解説

SS

1999年にPlayStationで発売された『シルバー事件』と2005年に携帯(フューチャーフォン)アプリとして発売された『シルバー事件25区』を一つのタイトルにした完全版。

シルバー事件
カントウ国家経済行政特別自治区「24区」は、環境から住人にいたるまで、すべてが計画的に作り上げられた都市である。
だが24区内では経済格差と情報格差が生じ、犯罪発生件数は著しく増加している。
1999年。謎の連続殺人事件発生。
24署凶悪犯罪課の刑事たちは、ある犯人像──20年前に政府の要人たちを次々と暗殺したと言われている、伝説の殺人鬼・ウエハラ カムイに行きあたる。だがカムイの実像を知るものは誰もいない。
果たしてカムイは復活したのか?
そして、伝説の殺人鬼・カムイとは何者だったのか?

シルバー事件25区
24区構造をテストサンプルとした理想管理社会『カントウ25区』。
25区内の犯罪因子となりうるものを排除する中央警察組織「凶悪犯罪課」や郵政事業連盟「地域調整課」によって、25区は犯罪や差別のない、理想的な社会が象られていた。
しかし、ある日25区の中心ともいえるベイサイドタワーランドで、謎の死体が見つかる。
身体に無数の穴をあけ、エレベーター内で立ったまま死んでいたマンション管理人の死体と、損傷のない女性の死体。
そして、部屋に飛び散った大量の血痕。
突如起きたこの異常な殺人に、凶悪犯罪課、地域調整課がそれぞれ動き出す。

 

©GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. All Rights Reserved.
Licensed to ACTIVE GAMING MEDIA Inc.,
Published by Nippon Ichi Software, Inc.

PAGE TOP